ピル内服で仕事を続けた病棟看護師

毎日お疲れさまです、しっかり休みはとれていますか?

休む暇のない多忙な病棟勤務

トイレが唯一、腰を下ろしてホッと一息つける場所でした

でも、忙しくてトイレにも行けない

生理のことを気にしていたら仕事にならない

先輩看護師に相談した結果、私が選んだのは低用量ピルを内服して仕事を続けることでした

急性期総合病院での三交代勤務

新卒から3年間勤めた総合病院

部署は外科病棟(消化器科・泌尿器科・眼科)と救命救急センター

総合病院の中でも特にスピード感が求められる忙しい部署2トップと言っても過言ではありません

内科系は寝たきりの患者さんが多くて体力を使ったりと外科系とは違う大変さ、忙しさがあります

Nsもぐもぐ

休む暇がない忙しさは結局どの病棟も同じ

忙しくてトイレに行けない

あれ?今日トイレ何回行ったっけ?

Ns

患者さんにはトイレの回数が少ないけど大丈夫かと心配するのに、よく考えてみたら自分の方が少ない

  • 勤務中にトイレに行く暇がない
  • 忙しくてトイレに行くことを忘れている
  • 水分をとる暇もないので尿が溜まらない

良いことではないけれど、尿に関してはトイレに行きたくても行けなくてつらいと感じているわけではなかったのでまだ良かったです

 

でも女性が多い看護師、生理のときは本当に困ります

 

トイレに行けなくて白衣に血がついてしまってもみんな見慣れたもの

男性看護師に見られてしまった時ですら、お互いにほとんど動揺せず自然にやり過ごしていました

生理前のイライラや生理痛も激しかった私は業務に支障を来たすと感じて先輩に相談しました

Nsもぐもぐ

生理休暇なんて名ばかり、誰1人とっていません

抵抗があった低用量ピルの内服を始める

相談したのは年齢の近い20代の独身看護師の先輩

私はピルを飲んでるよ。肌もキレイになるし♡

先輩Ns

 

話を聞いてみると他の20代の先輩も何人か飲んでいる人がいました

しかし、数年前に旅行と生理をずらす目的で中用量ピルを内服したときの副作用の吐き気が辛くピルへの抵抗が強かった私

とりあえず産婦人科へ行って、できればピルではなく漢方薬がいいと医師にお願いしました

 

そこで提案されたのが超低用量ピルの「ヤーズ」

生理痛がひどいことに対する治療として処方してもらいました

ピルで生理をコントロール

内服前の月経前症候群と生理痛

  • 生理前は気分の落ち込みが激しく、イライラする
  • 生理前に理不尽な理由で彼氏と喧嘩する
  • 生理前には必ず口の周りにニキビができる
  • 生理痛で目が覚める
  • 仕事の日は痛み止め(ロキソニン)を1日3回内服

低用量ピル内服後の変化

  • 生理前の気分の波を感じず、イライラしない
  • もちろん生理前に理不尽な喧嘩をすることもない
  • 生理前のニキビができなくなり肌がきれいになる
  • 生理痛がほとんど無く痛み止めの内服なし
  • 経血の量が少なめで下腹部の張り感がない
  • 生理日の予測がつくためスケジュール管理のストレス軽減


日勤だけの仕事に比べて夜勤でホルモンバランスが乱れやすく、シフト勤務で予定が立てにくい看護師

今は妊活中でピルの内服をやめたので尚更、あの頃はピルに助けられていたのだと実感しました

Nsもぐもぐ

生理に振り回されることなく日常生活を送れるって幸せ〜♡

 

夫の会社は女性が普通に生理休暇をとれるので本当にうらやましいです

シフト勤務は自分が休むと誰かが代わりに出ることになるので、気軽に休むのは難しいですね…

ヤーズのデメリット

私が内服していた超低用量ピル「ヤーズ」は、何度かニュースでも血栓による死亡例が報告されていました

もちろん私も副作用の恐怖は感じていました

でも生理をコントロールできて仕事もプライベートも充実していたのは事実

妊娠出産の予定がなく副作用の心配がなければずっと飲み続けたいくらいのメリットを感じていました

結局ピルの内服をやめたのは、結婚式が終わって妊活を始めたから

ピルの内服をやめたからなのか、年齢による体質の変化なのか、元々の性格なのかはハッキリしませんが・・・

  • 生理前のイライラは復活
  • 生理前に限らず口の周りにニキビができやすくなり常に悩んでいる


元々は生理痛の軽減が目的で処方された低用量ピル

ピルで排卵を止めて子宮を休めた治療の効果があったのか、内服中止して2年以上経った今でも生理痛はほとんど感じないくらい軽くなりました

 

内服前の痛みと比べると10分の1くらい、もちろん痛み止めは内服していません

「ヤーズ」本来の治療効果は実感できたし、他のメリットは本来おまけのようなもの

Nsもぐもぐ

薬は治療目的に合わせて適切に使うべきです

ピルを内服して仕事を続けることが解決策ではない

私は奨学金をもらっていたので、3年間勤務すると奨学金の返済が免除になりました

総額108万円

確かに大きい金額ですが、血栓で死亡するリスクを背負って仕事を続けることと天秤にかけたらそこまでする必要があったのかと今では思います

結果、何事もなかったから良かったと思えますが

もし副作用で死亡となったら、命の値段として安すぎます

健康は失ってからでは遅いし、お金で買えません

 

私はこの病院で働き続けるのは無理だと感じ、3年働いて転職しました

転職した「時間にゆとりがある病院」の特徴

  1. 転職先の病院はみんな1時間休憩のギリギリまでのんびり休憩室にいる
  2. 夜勤では布団を敷いて仮眠する時間も十分ある
  3. もちろんトイレを我慢することもない

Nsもぐもぐ

自分を大切にできる職場を探しましょう!私は看護のお仕事のサポートを受けて転職成功しました♡



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です