ゆるい管理で続けるダイエット

自分の身体の声に正直になってみる

平日は夫の帰りが遅いので、無理に夕食を待っていたら遅くなってしまいます

誰かと食事をするときは人に合わせる必要もあるけれど、自分1人なら自分の欲求に合わせて食事をコントロールできる


もぐもぐ

身体からのサインに素直に対応すればいいだけ

空腹を感じたらその時に食べる

前日の夕食や胃の調子、午前中の活動量や気分などの影響で毎日同じように空腹を感じるわけではないのが当たり前

もぐもぐ

そういえば仕事中以外では空腹を感じる前に時間だから食べていた

1日2食は太るとか、3食規則正しい食事が健康とか言いますが、自分の身体に合わせて食事を摂るのが一番良いのでは?

空腹を感じるという身体のサインに合わせて、身体が欲しいときに食事で補ってあげるのがその人にとっての食事のベストタイミングだと思います

今は夜勤もやっていないし規則正しい生活なので、食事時間が大幅に乱れることはありませんがお腹が空いてなければ時間だからといって無理に食べることはやめました

「もったいない精神」を捨てて腹八分目

私は学生の頃ほぼクラス1小柄女子でした

食事のペースが遅いこともありましたが、すぐお腹いっぱいになって少食

もちろん給食は量が多くて全部食べ切ったことは数える程度しかありません

もぐもぐ

クラス1体の大きい人と同じ食事量って私にとっては毎日拷問のようでした

今は食事を残すと残飯処理をするのが自分だし、もったいないので食事は食べ切るのが当たり前の感覚になりました

でも、これだと満腹まで食べてしまっていました

「もったいない精神」を捨てて「食事を残す」ことを自分で許してみたら少しお腹にたまったなと感じるところで「もういらない」と残すようになりました

一般的な一人前が誰にでも当てはまるわけではありません

少食な事、ご飯を残すことで子供の頃はよく怒られましたが、成長期を過ぎむしろ太り気味の今は「もういらない」と感じたら「いらない」でいいと思います

自分に厳しいルールを課さない

貯金とダイエットは似ていると思います

どちらも自分の理性をコントロールしなければ成功しない


もぐもぐ

貯金ができなかったけど、家計簿をつけて貯金に成功!私はきっとダイエットも成功できる!
俺は貯金もダイエットもできない…

パチドラ

貯金もダイエットも一時的に制限しただけではすぐにリバウンドしてしまうので、無理しても続きません

「無理しない」ということは「ストレスにならない」ということ

「ストレスにならない」ことは苦ではないので自然に続けられるからこそ「習慣」になります

  1. 間食は一切しない
  2. 外食は一切しない
  3. 毎日カロリーの計算をする

こんなルールを課したところで永遠に続けるなんて無理だと感じるから、やりません

  1. 食べたい時に間食OK ただし低カロリーのゼリーで気を紛らわす
  2. 誰かと一緒なら外食OK ただし外食を楽しみにとっておいて前後の食事を控える
  3. 食べたいものはカロリーチェック、あまりにも高カロリーなものは控えて他に食べたいものを探す

厳しいルールに縛られるのではなく、ルールを決めても「逃げ道」を作っておくことがストレスを溜めず無理なく続けるコツだと思います

目的は「一時的にやせる」のではなく「太らない習慣を身につける」ことなので、無理なく続けられることが最優先!

もぐもぐ

完璧主義は心身ともに病のもと
ダイエットも続けるにはまずTake it Easyだね~

パチドラ

2 Comments

はるはる

もぐもぐさん初めまして。ブログランキングからお邪魔しました。はるはると言います。私は飲み会などイベントがない日は、夜9時以降は食事はしないようにとルールを設けました。お腹すくときもあるんですが、食べて寝ちゃうと次の日が辛いのがわかってきました。自分でもできるルール作りって大切ですね。

返信する
もぐもぐ

はじめまして。コメントありがとうございます。
胃に負担をかけないようにした方が体にもいいですよね。自分の体の変化に気づいてケアができるっていいですね(*^^)v
「食べたい!」欲を満たしてあげたい気持ちもあるけど、本当に自分の体のことを大切にしようと考えると我慢できそうですね。
お互いがんばりましょう!!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です