目の疲れとストレートネックへのセルフケア

ブログを始めてから健康障害を自覚しています

スマホやパソコンの「やりすぎ」が原因です

 

まだ本格的に健康被害が出ていないうちは予防にかけるお金がもったいなく感じるかもしれませんが、健康被害が出るほど重症化してからでは手遅れな場合もあります

重症なほど回復には時間・お金・労力がかかりますし、最悪の場合は元の状態に戻ることができません

 

Nsもぐもぐ

健康はお金では買えません
看護師の言葉は重みがある

パチドラ

 

今回はブログをはじめてから強くなった自覚症状の中で目の疲れストレートネックによる首と肩のこりに対して私が行っているセルフケアをまとめました

目の疲れへのセルフケア

  1. 疲れにくいように対策をとる
  2. 疲れたら休む!

Nsもぐもぐ

単純にこの2つ!

 

1.疲れにくい対策

  • ブルーライト40%カットのメガネ使用
  • ルテインの内服
  • 姿勢に気をつける(猫背になっていると気がついたら姿勢を正す)

ブルーライトカットメガネ

JINS PCメガネを使用しています

1日に3時間程度のパソコン使用で40%カットがちょうどいいと店員さんにオススメされました

私は最近では長いと連続3時間、1日10時間ほどスマホやパソコンを使用してしまうことがあったので、60%でも良かったかもしれません

でもいくら対策をとったからといって、長時間作業OKの理由にはなりません

ルテインの内服

予防なので効果はわかりませんが、気持ち的な安心材料として内服しています

Nsもぐもぐ

プラセボ効果って本当にあるんだよ!
病は気からって言うもんね

パチドラ

 

2.疲れたら休む!

もぐもぐ

気づいたらこんな時間になってた!

長時間の作業で目を酷使していると目の周りの筋肉を使って緊張し続けているので筋肉が硬くなり血流も悪くなります

ビックリした時って無意識に肩が上がりますよね?緊張した時も無意識に肩に力が入って肩が上がっています

力が入るのは筋肉を使っているから、ずっと緊張して肩に力が入っている状態ってしんどいですよね?
肩と違って自覚しにくいけど目も同じです

目を休ませる方法

ピンホールアイマスク

気が向いたときや寝る前に装着してぼーっとします

視界が暗くなるので眠気も誘うし、遠くの物がハッキリ見えるようになるのに目が疲れないので目に負担がかかっていないことが実感できます

私は視力回復のためにつけているのではなく、目を休ませる目的とピンホール効果でかけている間は視力が良くなることが面白くて使用しています

温タオル

目を閉じて目の周りを温めることで血管が拡張して血流が良くなります

単純に気持ちが良いのでオススメ!タオルを水で濡らしてレンジで温めればすぐできます

もぐもぐ

じんわり温かい程度の温度で軽くのせて下さい

ストレートネックってなに?

私はカイロプラクティックで骨のゆがみを診てもらってストレートネックを自覚しました

最近よく耳にする、ストレートネックについて
実はこれは病名ではなく、レントゲンを見ると首の骨(頸椎)が直線状になっていることをストレートネックといっています
人の首(頸椎)は、重たい頭を支えるために、筋肉の負担を減らすために生理的前湾があります。これが人にとって1番負担の無い状態、正常な湾曲になります

この湾曲が直線状になると、無症状のかたもいますが身体への負担、筋肉への負担が掛かることから肩こり、手の痺れ、めまい、頭痛、胃の不調など様々な症状に悩まされることがあります

出典:ストレートネック-SBC湘南メディカル記念病院

首や肩のコリの自覚があり、気が付けば首をポキポキ鳴らしていました

一時的にはスッキリした感じがありますがこれは危険!!間違った対処方法です
参考 首を鳴らす、とても危険ですストレートネックどっとこむ

もぐもぐ

歳を重ねてから後悔することになります
まだ若いうちから気をつけていかないと

パチドラ

頸椎まくらでセルフケア

首と肩のコリはストレートネックからの影響、頭の重みを支えるために負担がかかっている状態です

 

カイロプラクティックで頚椎をサポートして負担をかけないようにする頸椎まくらを勧められましたが、お値段7,000円と高め…
こちらはバスタオルで代用することにしました

クルクル巻いて作ります

後頭部ではなく首の下に当てます

もぐもぐ

首が後屈されて気持ちがいいです

自覚症状が無い人は…

「何時間作業しても全然疲れていないから大丈夫!」と思っている人もいるかもしれません

 

人間は完璧なロボットではありません、気づいていないだけで確実に身体に負担はかかっています

 

慣れてしまうことが1番怖くて、疲れている状態や負担がかかっている状態が当たり前になってしまうと「これくらい平気」と症状の自覚が鈍くなってしまいます

自覚症状という身体からのSOSがあるのはむしろありがたいこと

 

もぐもぐ

病気になってはじめて負担がかかっていたと思い知ることになります
強制的にでも、とにかく休憩が大事!

パチドラ

無理なく自然に続けられることが大事

病気の治療でのセルフケアは命に関わることもあるので強制されますが、予防の段階では自分でそこまで強制できる人って少ないと思います

病気の場合は命に関わるから看護師として本気で指導しているのに、それでもセルフケアができない患者さんも大勢います

  1. 何が体に悪いかを知っていて気がついたときに止められること
  2. 何が体に良いかを知っていて気がついたときに気軽に実行できること
知っているか知らないかだけでも大きな違いです

しっかり実行できなくても、とりあえず知っておいて気が向いたときにできることをやってみるだけでまずはOK

 

私のオススメは頸椎まくら温タオル同時に5分間休憩!

気持ちの良い休憩時間をとりましょう

EPARK
割引キャンペーンでカイロプラクティックへ行ってきました


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です