13年前の二重整形の思い出

高校二年生のとき、親に内緒で埋没法で二重にしました

整形することを誰にも相談しなかったし、整形した後も誰にもカミングアウトするつもりはありませんでした

 

中学生の頃からアイプチでクセを付けていて奥二重のラインがある程度定着していたので、バレずにやり過ごせるだろうと思いました

私は反抗期がなかなか激しく、高校は途中から通信制高校に通っていたので学校のことはあまり気にせずに整形することができました

もう10年以上前のはじめての整形の話です

整形費用は自分で稼ぐ

幸い私が手術をした美容外科は16歳以上であれば親の同意がなくても手術が可能でした

この頃の両親は親の意見を押し付けるタイプだったので、整形したいと話しても絶対に反対するだろうと最初から諦めていました

バイト代で通信制高校の学費・携帯料金・自分のお小遣いをやりくりしていたので、もちろん整形費用を親に頼る考えもありませんでした

もぐもぐ

自分で稼いだお金なら何に使おうと親に文句を言われたくない

 

貯金なんて全くできなかった私が整形したい一心で半年で10万円貯めました

美容外科初診で即手術!

 

電話で予約を取り、初診で問題がなければ埋没法は即日手術が可能

 

はじめて入る美容外科で周りは大人ばかり、すごく緊張していました

バイトは休むとお金が減ってしまうのであまり連休がとれず、もちろん初診で手術をするつもりで行きました

医師の診察は10分程度で二重のラインを決め、すぐに手術室へ

 

麻酔がすごく痛かったことくらいしか覚えていませんが、無事に両目2点留めの埋没法手術を終えました

もぐもぐ

緊張し過ぎて手術中のことはあまり覚えていません…

術後の経過をみる通院予約はなかったので、美容外科へ行ったのは1日だけでした

術後の不安と1人で戦う日々

んど手に入れることができなかったので、術後の不安は強かったです

もぐもぐ

パケット代も使い放題じゃなかった気がする
懐かしいな〜

パチドラ

 

術後の様子

  • 痛みは我慢できる程度だったけど決められた通り痛み止めを飲んだ
  • 腫れがどれくらいで落ち着くのか見当がつかない
  • 腫れのせいで二重の幅が広すぎて誰にも会えない
  • 何度も鏡を見てひたすら目を冷やして過ごした

 

誰にも相談せず手術したので、当然術後も身近な人には誰にも相談できない

 

バイトは休みを取っていたし、通信制高校は数日間行かなくても単位は問題なかったのでとにかく自分の部屋にひきこもって数日間過ごしました

術後2,3日目で不安が強くなり、手術をした美容外科に二重のラインを狭くしてほしいと電話をかけました

 

看護師さんから返ってきた答えは

 

まだ腫れがひいていないのでしばらく様子を見てください

美容外科Ns

自分も看護師になった今考えてみると、当然の返答です

16歳の子供がわけもわからない中、よく1人で耐えたなぁと今でも思います

術後1週間、たぶんバレていた

術後1週間我慢しても元の奥二重のラインまでは腫れはひきませんでした

今までとは明らかに違うパッチリ二重

当然、学校やバイト先ではすぐに目が変わったと指摘されました

アイプチだと言って整形に関してはごまかしましたが、周りも気をつかって言わなかっただけでたぶんバレていたと思います

当時の埋没法はまぶたに2か所糸で留めた跡が1週間くらいはバレバレだった覚えがあります

いろいろ言われるのは最初だけ

ハッキリとは覚えていませんが、1ヶ月経つ頃には腫れもだいぶ落ち着いて目のことを人に指摘されることは無くなりました

二重の幅は腫れがひいたら奥二重くらい狭くなり、焦って二重幅を狭くする再手術はしなくて本当に良かったです

もちろん親にもバレていたと思いますが、元々一重がコンプレックスでアイプチを頑張っていた姿を見ていたし暗黙の了解といったかたちで何も言われませんでした

 

手術後の気まずさを乗り越えて10年以上何のトラブルもなく過ごせたので手術は大成功だったと思います

加齢による変化もあってか今年13年目にして左眼だけ二重のラインが不安定になってしまいました

もぐもぐ

今年行った左目の整形も紹介していこうと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です